闇金被害の相談したい人は必見!私の体験談

被害に合わない為には

闇金の被害に遭わないためには、まず接触を避けることが大切です。無収入やブラックリストに載っている人が、お金を借りることはできません。借金を容易にできる条件を提示する金融業者の多くは闇金なので、そこからお金を借りないようにします。もしお金を借りてしまったら、相手は利用者を精神的に追い詰めることで高い利息を払わせようとします。利用者が焦れば焦るほど彼らの取立てはエスカレートしますが、闇金から借りたお金は返済しなくて良いです。出資法で決められた利率を超えて貸し付けている場合は、債務者にはなりません。違法な貸付に対して義務は生じないので、お金を集めようと他の闇金を利用することは被害を大きくするだけです。警察や弁護士に相談することで、被害に遭わないケースもあります。返済をほのめかすと取立てにも熱が入るので、脅しに屈することなく無視し続けます。ただし借金をした時に家族や会社の連絡先を教えた人は、闇金の取立てが及ぶ可能性があります。その人たちは、絶対に支払う必要はないことを伝え、自分以外にも被害が及ぶ危険性があることを警察に話します。一人で解決することはほとんど不可能なので、警察や弁護士の権威で追い返してもらいます。お金をやり取りは複雑な事情があるため、少し道を外れただけで大きな失敗を招くこともあります。周囲の人にも迷惑をかけるので、闇金との関わりが切れたらお金の使い方や人生設計を見直す必要があります。