闇金被害の相談したい人は必見!私の体験談

自己破産後の闇金からの電話

自己破産をして免責を受けると、原則としてすべての借金がゼロになります。金融機関からの借金だけでなく、個人からの借金もすべて免責対象となります。ただし延滞税、年金、社会保険などは免除の対象にはなりません。

 

自己破産をすると、闇金からの借金もすべてゼロになります。しかし、闇金は正規の金融業者ではないので、裁判所から通知がいくことはありません。弁護士から、「自己破産をしたので以後取り立てを行わないでください」と連絡がいくだけになります。そこでおとなしく引き下がる闇金業者もありますが、中には自己破産をしたことを聞いていても、取り立てを続けるような悪質な業者も存在します。

 

なぜ闇金が自己破産をした後も取り立てを続けるのかですが、それは彼らが最初から法律を守っていないからです。闇金は自分達のやっていることが犯罪であることをわかっていながら、最初から相手を騙すつもりでお金を貸しています。そのため、自己破産をしたと聞いても平気で取り立てを続けます。

 

そもそも、違法業者である闇金とした金銭消費貸借契約は無効です。無効なので、借金をしたことは最初からなかったことになります。利息はもちろん、超高金利での貸付については元本さえ返済する必要はないという最高裁判例もあります。無効な借金なので、自己破産の対象となることもないはずです。

 

闇金のような違法業者からつけねらわれてしまった場合、個人で対処をしても解決できる可能性は低いです。すぐに弁護士などの専門家に相談をしましょう。"