闇金被害の相談したい人は必見!私の体験談

お金を借りた場合

資金業を営む場合、国や都道府県に対して貸金業として登録する必要があります。闇金はこの登録を行なわずに違法に高い利息で営業をしている業者のことをいいます。また、登録していても高い利息をとる業者もいるため注意が必要です。
一言で闇金といってもさまざまな種類の業者がいます。返済に困っている債務者をターゲットにした業者や携帯番号と業者名しか記載せず、一切の素性を明かさずに違法な金利をとる業者、登録していないのにあたかも登録している正規の金融機関を装っている業者などです。
どの業者にしろ違法な取引行為が行なわれることが多いので、警察に協力してもらうなどの対処をする必要があります。また、契約は無効となる場合が多いため無効となった契約に基づいて支払う必要はなく、契約が無効となる場合は互いに受け取った金銭を返還して現状回復するのが原則で、自ら犯罪行為を行なった人の返還請求権は制限されると解され、受領した金銭の返還を拒むことができる場合もあります。
取り立ての嫌がらせに困っていると言う場合、まずは闇金への対応の実績を数多く持つ法律の専門家に相談することが一番です。
弁護士でも闇金の対応に慣れていなければ、債務者に危険が及ぶ可能性があります。闇金業者は自分たちが違法行為を行なっていることは理解しているため、できるだけ早く対応のできる法律の専門家に相談することが大切となっています。また、利息を払い続けている人も相談することをおすすめします。"