闇金被害の相談したい人は必見!私の体験談

闇金を利用したら

闇金は、違法な金利で貸付をする業者で、普通であれば利用するべきはありません。
それでも世の中には、資金繰りに困って闇金とわかりつつ、利用してしまう人がいます。
そういう人は、お金を借りた時には助かったと思っても、時間が経って返済を迫られた時に、どれほど危険な行為をしたのか理解することになるのです。
では、闇金を利用した人は、その後どうすればよいのか、というと、当然の事ながら言われた通りの金額を返済するべきではありません。
そして、専門家の力を借りることです。
高利で貸すという行為は、法に触れるのですから、警察に頼ることを考えるかもしれませんが、場合によっては正解ではありません。
警察は緊急性の高い案件にならないと本腰を入れないので、実際に家まで乱暴な取り立てに来ている、というのでなければ、相手に警告をする程度です。
だから、まずは弁護士か司法書士を通じて、法に則った対応をしてもらうことです。
闇金の対応に慣れている弁護士か司法書士を探して、相談をした後に正式に依頼をします。
このとき重要なのは、「受任契約」というものを結ぶことです。
それにより、弁護士や司法書士に法律的なことを全て任せる、ということになります。
その契約に基づいて、弁護士は司法書士は、依頼者に代わって自分たちが窓口になると通知する受任通知を送ります。
もしも、受任通知を送っても、違法な取り立てをしようとすれば、それはすなわち違法で警察が動くのです。
そして、これまでに返済してしまったならば、振り込み記録などを元に、法の基準を超えた返済分を返してもらうように請求します。"