闇金被害の相談したい人は必見!私の体験談

闇金とは?

諸費者金融などの貸金業者は、利息制限法で20%を超える利息は取ってはいけないことになっています。この法に違反して、高い金利を取って融資しているのが、ヤミ金です。
ヤミ金は、闇の金融会社ということもあり闇金とも言われます。
以前は、消費者金融やカードローン会社なども、法に違反した高い金利を取っていました。2010年に、不当な金利に気づいた利用者が裁判を起こし勝訴した結果、知らず知らずのうちに取られ続けていた過剰なお金は、請求すれば取り戻せることになりました。
法外な金利でお金を貸しているヤミ金は、営業そのものが違法になります。そこで、お金を借りる人は、法外な金利であることも承知の上で、借りないわけにいかず仕方なく借りてしまったのでしょう。ヤミ金の返済額を見て、借りてしまった後悔を抱く人は多いはずです。返済が滞れば、取立てや嫌がらせが毎日起きるのですから。逃げても、どこまでも探して追いかけてくる闇金です。
違法な金利で貸し付けたヤミ金のお金は、利息はもちろん元本さえ返済しなくても良いのです。冷静に考えれば、それに気づくでしょうが、日々の脅しで頭は回らないものです。
ヤミ金でお金を借りて返済した人はお金を取り戻すことができ、返済中の人は返済する義務はありませんので、まずは弁護士に無料相談をすることをお勧めします。
ヤミ金業者は、法の専門家である弁護士が介入することで、警察の調査が入ることを警戒しますので、払ったお金は返還され、支払い中であれば中止にできます。

 

"